兵庫県宝塚市逆瀬川駅徒歩2分のところにある、幼稚園年長~小学生の子ども向けプログラミングスクールのCodeCampKIDSミライヲ逆瀬川スペースでは、ビジュアルプログラミングをベースにレッスンを行っています!

ビジュアルプログラミングって何?

子ども向けに、文字をたくさんタイプしなくて良いように工夫されたものを、プログラムに必要な要素をグラフィカルにパーツ化し、ドラッグ&ドロップのマウス操作でプログラミングできるようにしたものです。これらをビジュアルプログラミング言語といいます。

「ビジュアル言語」と呼ばれるツールにはいろいろな種類があり、大きく3つに分類するとわかりやすいと考えられています。「ブロックタイプ」「フロータイプ」「独自ルールタイプ」です。

【ブロックタイプ】ビジュアルプログラミングで最もメジャーなのがブロックタイプです。Scratch(スクラッチ)などがブロックタイプに当たります。ブロックタイプの場合、指示の書かれた小さなブロックをマウス操作でつなぎ合わせてプログラミングしていきます。

▼Scratch画面画像

【フロータイプ】 ブロックタイプとは違う手法でプログラムの論理構造が見えやすいのがフロータイプです。フローチャートのように、指示や機能、条件のアイコンを配置して線でつないでプログラムします。SonyのMESHや、SAM Labsなどの 専用アプリのプログラミング方式として採用されています。 ものの仕組みを論理的に考える力が要求されるので、初心者には少し難しさもあります。

▼MESHの画面画像

【独自ルールタイプ】 上記のどちらでもなく独自ルールで作られたビジュアルプログラミング言語もあります。あまり多くなく、Viscuit(ビスケット)やSpringin’(スプリンギン)が挙げられます。いずれも、文字や数字で指示や論理構造を作ったり考えたりするのではなく、より直感的な独自の手法でプログラムを作っていきます。アプリケーションで作品を「作っている」という感覚で、プログラムが生成されるようになっているのが特徴です。

▼Viscuitの画面画像

CodeCampKIDSミライヲ逆瀬川スペースはブロックタイプで初めてでも大丈夫!

CodeCampKIDSミライヲ逆瀬川スペースでは、初めてでも安心してレッスンに通っていただけるよう、ブロックタイプのScratchを採用しています!タブレットとパソコンを使って、オリジナル動画を見ながらレッスンを進めています!動画が何をしたらいいのか、これをしたらどうなるのかなどをちゃんと説明してくれるから初めてでも安心!

幼稚園年長~通う事が出来るので、幅広い年代にも対応できるカリキュラムです!

馴染みやすいキャラクターや、自身で絵をかいてキャラクターを作ったり、子ども達が楽しみながら学べる内容が盛りだくさん!

スクールに通ってくれている子ども達は、口々に「〇〇みたいなゲームが作りたい!」言っています(笑)

子ども達の将来のために、今から始めてみませんか!?スタッフ一同、お待ちいたしております!